保育ドリプラをやりたいわけ


 保育ドリプラをやりたいわけ。


ただの保育士が、保育界について語るのもなんですが・・・
保育ってもっともっと大切なことなんじゃないかって思っています。

それは、保育者自身に対しても。社会に対しても。

とはいっても、保育者は真面目で純粋で、
子どもたちに真剣に向き合っている人が非常に多いと感じています。

そりゃそうだよね。
お給料も高くないし、大変大変っていわれる保育の仕事を選んでいるのだから。

なんだかんだ言いながら、残業しちゃったり、土日も仕事しちゃったりする人も多い(推奨しているわけではないよw)

でも、社会的に見たら、託児と同じ、子どものお世話、誰でもできるでしょ。みたいな見方があることも否めない。

うーん。なんかもっと、
保育という仕事の楽しさとか、魅力とか、大切さを、伝えたいなぁ。

給料あげろー!!みたいな運動とか?訴えるとか?
すごく大事なことだと思うから、署名もするけれど、なんか本腰いれて協力しようみたいな気持ちにはなれなくて。。。

うーん。

そんな事を思っていた時に出会ったのが、「ドリプラ」でした。
自分の夢を語って、感動と共感を与える。

保育者が熱い想いや夢を語って、そこに感動と共感が生まれる。
そんな真剣に向き合う保育者の姿を見て

保育者だったら?
勇気、元気、熱意をきっともらえる。

保育者がじゃない人だったら?
保育って(小さい頃の関わりって)大事なことなんだなって思う、子どもたちの育ちを大事にしたいってきっと思う。

乳幼児期の大切さを解くとか、説明するとか、訴えるとか。そういうことではなくて、感動と共感とともに、心に届ける。

うん、これ良くない??笑

まだプレゼンターは決まっていませんが、(そろそろ募集開始)そういう会になると思っています。
てゆうか、します。

協力してくれる人、プレゼンしてみたいと思う人、絶賛募集中なのです♡

保育ドリプラ実行委員長
ちょびでした。










コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    山本雅子 (木曜日, 08 5月 2014 10:27)

    はじめまして。
    神戸市在住保育士の山本雅子です。
    保育士になって25年。
    そのうちの20年を大変恵まれた環境で働くことができ、保育士になった喜びと甲斐を感じる日々を過ごさせてもらいました。
    一人でも多くの保育士にこの思いを感じてもらいたいと、私はもちろん保育士、親御さんたちに目の前の壁に向き合ってもらいたいと思っています。
    ドリプラでは、観覧側にまわっていると思いますが、いろんな方、特にお若い方々の声を聴きたいです。
    応援してますよ~!

  • #2

    菊地奈津美 (木曜日, 08 5月 2014 15:51)

    山本さん
    コメントありがとうございます。
    実行委員長の菊地です。
    コメント下さりありがとうございます!
    25年も保育士されていたのですね!素敵な保育士生活だったのですね!
    多くの保育士に、ぜひ感じてほしいですね!!
    保育の楽しさ、魅力、そして大切さ、伝えて行きたいです!
    本選は少し先になりますが、ぜひお越し下さい!
    お待ちしております(^^)