実行委員長紹介

保育ドリプラ実行委員会委員長

 藤本 奈津美

 ニックネーム:ちょび

 

実行委員長メッセージ

「保育」と聞いてどんなイメージを持ちますか?
楽しそう?大変そう??元気いっぱいの可愛い子どもたちと過ごす保育の仕事は、楽しいし大変、そして何より「大事」だと私たちは思っています。

それは、小さい頃の育ちは、人生の土台になる力を育む、そんな大事な時期だからです。

しかし、子どもをとりまく環境や子育て事情をみてみると、子どもの育ちがあまり大切にされていない、子育てに優しくない、と思うことがよくあります。

もっと子どもの育ちを大切にできる社会にしていきたい。

親や保育者だけでなく、会社のえらいおじちゃんも、電車に乗り合わせたお姉さんも、みんなで一緒に、子ども達が愛情たっぷり育っていける社会をつくっていきたい。

だって、未来をつくっていくのは、子どもたちだから。
そして、子どもたちの育ちを守れるのは、私たち大人なのだから。

保育ドリプラでは、保育者たちが夢を語ります。
子どもたちが輝く未来をつくるために。保育者たちがどんな想いで子どもと向き合い、どんな夢を描いているのか。

想いのたくさん詰まった夢を、聴きにきてください♡
そして本番当日を迎えるまでの間の相互支援会にもぜひご参加下さい。

関わってくれた一人でも多くのみなさんと「子どもの育ちを大切にできる社会」を一緒につくっていきたいと思っています。

代表 藤本 奈津美